明日から3連休ですね!

さて、今日は中秋の名月。

そういう季節の行事を
大切にしたいものです。

湿度も下がり涼しくて
少し秋めいてまいりました。
過ごしやすくていいですね。

 

 

こういう季節の変わり目は
季節のご挨拶として
お客様や取引先の方と
コンタクト(アプローチ)取りやすいです。

 

お手紙を出す際や
メールをお送りする際に
文頭に素敵な季節の挨拶を
チョイスしてみてください。

そういう言葉のチョイスもセンスです。

検索ページで
「9月 季語 挨拶」
などと調べるとたくさん出てくるので素敵だなと思う
言葉を選んでみてください。

そうやって自分の言葉にしていきましょう!

 

例えば、

面会をして、
誰かにお会いするとします。

 

その後、お礼のメールやお手紙で
どのような言葉を選びますか?

「先日はありがとうございました」

「昨日はお会いできて嬉しかったです」

 

多くの方は
これらの定型文の文章を選びがちです。

ですが、周りの人と同じ文章を送っていては「差」をつけることはできません。

 

「先日は貴重な時間をいただきまして
本当にありがとうございました。
このような素敵なご縁をいただけたこと
とても嬉しく思っております。」

 

 

など・・・・
表現方法はいくらでもあります。

周りの皆が選びがちな
「マニュアルの言葉」
「定型文」

から一捻りして一気に差をつけてしまいましょう♪

言葉を連想ゲームのようにして
表現を変えていくといくつもの
パターンが見えてきますよ♪

 

また、お手紙なんて意味がなくないですか?
とおっしゃる方も多いですがそんなことはありません!

DMは,まずは一方通行でいいのです。

すぐに結果は求めない。

これは鉄則。

 

「わたし」という存在を忘れないでいてもらうために送っている

と思ってください。

すぐに捨てられるのは単なるダイレクトメール。

ここに、一言でも手書きで添えられていたら
「心」を感じ、見ようと思うものです。

たくさんの人に送ってられないよ〜
なんていう人も
一言+名前くらいであれば書けるはずです。

 

そういう積み重ねが大切ですよ!

自分をアピールする場です。

 

そういうことをしていれば
「お客様にとってのその時」
「タイミング」

がきた時に

「そういえば毎回送ってきてくれている
〇〇さんから、、せっかくなら・・・」

と思ってもらえるチャンスがあります!

 

顧客様、これから顧客になって欲しい方、
同じ内容を送っていませんか?

皆さんに熱意のこもったメッセージを届けたくても
日々の業務量に追われ実際そんな時間
なかなか取れなかったりします。

なので、一言添え、しっかり書く、
分ければいいですよ。

大事なのは単なる捨てられるメール
ダイレクトメールは意味がない

ということです。

 

 

では素敵な3連休をお過ごしくださいね♪

 

 

ハイエンドコミュニケーションでは、企業様にお客様と信頼関係を築く様々な研修を提供しています。
「もの」の価値ではなく、お客様に高い付加価値を与えられる人材の育成が必要です。
短絡的に売り上げをあげるのではなく、お客様に長く愛され売り上げをあげましょう!