皆さん明けましておめでとうございます。

 

2019年の幕開けです。
新年の目標はもう立てられましたか?

新年最初のコラムにて皆さんに伝えたいこと。

サービス業において必要なのは、セールストークでもこれさえ言えば売れる!というような鉄板のマニュアルでもなく、営業必勝法でもなく(笑)

 

信用です

 

 

目先の利益に一喜一憂するのではなく、信用貯金をためてください。

お客様に対して何ができますか?

同僚に対して何ができますか?

難しいことではなく、ほんの些細な心配りや気配り声かけ。

 

そんなことを意識して過ごしてみてください。

 

小手先のテクニックで売り上げをあげる人は必ずどこかで頭打ちが来ます。

 

「信用」をため続けた人は、どこかの起点で爆発します。

「物」ではなく「あなたから」という信頼です。今の時代は特にファストブランドでない限り「何を買うか」ではなく「誰から買うか」に価値がシフトしています。

情報も同じです。どの情報かよりも「誰が言っているのか」。
「私だって同じことを言っているのに」そういう価値ではない時代なのです。

今年は「信用」貯金をためてみてくださいね

 

そういう付加価値を持った人間は必ずどこでも通用します。

小手先のテクニックはいくらでも後から身に付けることはできますから。

テクニックはその後です。