グローバルなビジネス環境では戦略も必要。企業各社ではリーダー・管理職・幹部人材のヒューマンスキル、人間力といった対人関係能力、コンピテンシーといった強化が重要となっています。では社内・社外で、心を掴み、相手に選ばれるために求めらる力を考えていきましょう。

信頼関係を築くことで開かれる道

 

世の中には日々様々なことが起きていて、どこにビジネスチャンスが転がっているか分かりません。視野を常に広く持ち続けられる人がチャンスを掴みます。世の中のあらゆることに関心を持ち、自分で調べ、人から聞いた言葉を理解しビジネス材料にすることできるかが、人間力の高い人でもあります。そして、社会で必要とされる能力とも言えるでしょう。このヒューマンスキルで信頼関係を築きあげ、人の心を動かすこともできます。また、人の上に立つ人ほど、スキルよりも人間力の磨き方に関心を持つようです。

 

簡単そうに見えて、難しいことでもありますが、社内・社外とわず人間関係を構築していく上で、コミュニケーション能力は必須。

そして、あなたを選んでもらうためには、お客様との会話にも柔軟な対応が求められることになります。政治やエンターテイメントといったニュースの話が好きな人や、ゴルフや釣りが趣味。様々な趣味嗜好の人がいる中で、どのような内容の会話でもある程度ついていける幅広い知識は強力な武器になります。違和感を感じさせないための接遇マナーも必須です。心地よくテンポの良い会話が成立するほど、お客様の満足度もあがるのです。

 

お客様の心に寄り添うためには

 

皆さんにとってお客様は特別な存在であり、特別な思いを持ち接していることでしょう。

お客様に選ばれ、必要とされる存在になるためには、やはり、人の気持ちを分かり得ることが大切です。AIでは読み取れない、そしてデータだけでは見えにくい消費者インサイトに気付く目が必要なのです。

 

例えば商談シーン。まずは、ビジネスパートナーとの商談を自分勝手に話を進めるのは注意した方がいいでしょう。

なによりも、お客様の気持ちを汲み取る事が重要になります。例え、その時に決まらなかった商談の状況も、お客様のタイミングがあるため、落ち込むのではなく、「次回に繋がるチャンスの種を蒔かせていただき、私はお客様のそばで期待に応えられる準備をしています」と伝えることが重要なのです。

 

 

何事も、積極的に取り組む姿勢を持った人の行動には必ず周りがついていきます。このような資質を磨くこと、そしてVIP対応のような特別な方への接客も、普段の接客も、お客様を理解しようとする姿勢、気持ちを考えて接すること。これが重要なのです。

そして、お客様自身が特別感という印象や気持ちを抱いていただけるよう、お客様に喜ばれるスキルを磨き、提供し日々自分自身がアップデートし成長することも重要です。

どのお客様も大切なお客様です。VIPとは、Very important Person。企業のファンでいてくれる方、愛してくださる方、リピートしてくださる特別なお客様です。そのような方にはやはり特別なおもてなしがしたいと思うのではないでしょうか。それがVIP対応です。

相手への思いやりや、気遣いを大切にする人こそ、お客様との信頼関係や絆を結ぶことも出来るのです。

永劫に繋がる信頼を勝ち取るという事は、企業だけでなくあなた自身にとってのファン作りにも繋がります。

 

まとめ

 

また、飲食店・医療系などの業種といった企業・個人ユーザーを問わず、ハイエンド研修といった接客研修や人材育成にカリキュラム資料を集め、さまざまな種類のセミナーを取り入れる企業が増えています。このような、コンピテンシーモデルを意識して伸ばし始めることは、自分の成長や成功を掴み取るためにも重要です。